page top


トップページ > コロナウイルス感染症対策 > 全日遊連の対応について

全日遊連の対応について


 新型コロナウイルス感染症が日本国内で感染拡大していることを受け、内閣総理大臣から、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、3月7日まで、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、福岡県に緊急事態宣言が発令されております。

 全日遊連では、ホールにおいていまだにクラスター事案が発生しておらず、また、「パチンコホールの換気検証動画」の公開でホール内の換気能力が非常に優れていることを広く広報しているところでありますが、緊急事態宣言の発令を受けて、日々の営業に更なる注意喚起を求めるため、全国の組合員ホールに対し、

 

「パチンコ・パチスロ店営業における新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドライン」(パチンコ・パチスロ産業21世紀会制定、2021年2月4日改訂)の内容を確実に実施すること
20時以降のネオン等看板照明の消灯及び広告・宣伝の自粛に努めること


を要請しております。

私たち、パチンコ・パチスロホール営業者は、お客様が安心してホールに足を運んで、楽しく遊んでいただける日が、一日も早く来ることを願い、この緊急事態に協力してまいります。